ホーム   >   CSR活動   >   CSR・環境方針

CSR・環境方針

CSR方針

当社グループは、事業活動を通じて「社会性」「経済性」「環境」それぞれの面においてバランスを意識してまいります。また、当社グループは経営活動、事業活動を行ううえで関係するみなさま(ステークホルダー)に対しては常に誠実さと誠意をもって接し、新しい価値の提供を通じ、貢献できる存在であり続けたいと考えています。
そして、持続可能な社会づくりへの貢献と当社グループの成長、継続発展を目指してまいります。

環境方針

当社は、1999年3月にオフィスチェア事業、2001年9月に本社部門を含むすべての事業において環境マネジメントシステムの国際規格であるISO14001の認証を取得いたしました。
2006年には、環境管理手法の一本化による業務の効率化、ノウハウの全社集約による管理能力の向上を目的として、それぞれ独立していたマネジメントシステムの一本化を図り、2006年10月に新システムでISO14001の認証を取得しております。
現在、当社では以下の環境方針に基づき、環境保全活動を推進しております。

Ⅰ.環境基本方針

タカノ株式会社は、経営理念の「地域環境を守る高い資質の社員集団企業でありたい」と掲げている一節に基づき、企業活動と環境保全及び保護は一体であるとの認識に立って、経営にあたり、より良き企業市民を目指し、環境目標の設定、及びレビューにより継続的改善を進め、積極的に社会的責任を果たすために、全社をあげて取り組みます。

Ⅱ.環境活動方針

環境基本方針のもとに活動方針を定め、全員参加で英知を結集し、企業活動と地球環境保全及び保護の調和を目指します。

(法規制順守と活動目標)

1.国内外の環境関連法規制の順守はもとより、予防活動を自らの責務において計画し、社会の期待を考慮した環境負荷低減の目標を定め、その実現に努める。

(システム及び体制向上)

2.環境負荷低減の目標達成を可能にする技術革新に務めると共に、環境保全推進システム、及び体制の見直し・維持・改善を継続的に進める。

(商品の環境対応力)

3.企画から生産までのプロセス、及び販売から商品の廃棄に至る全ての段階において、環境へのリスク低減と安全に配慮した製品、及びサービスを目指す。

 (事業活動発生源対策)

  4.事業活動に当たっては、発生源対策が基本と認識し、事業活動の全ての領域において、汚染予防、省資源・省エネ・リサイクルの推進、及び廃棄物の削減と責任ある処理に務める。

 (メンバー教育)

 5.環境教育を通じ、環境保全及び保護の必要性を周知徹底し、社員の意識向上を図ると共に自ら責任を持って環境保全及び保護活動が推進できるよう、動機付けを行う。

 (情報開示・社会貢献)

 6.関係する地球上のあらゆる地域において、社会と企業の連携を密にし、必要に応じ適時に情報開示を行うと共に、地域環境保全及び保護活動への参画によって、広く社会に貢献する。


適用範囲




CSR活動

公式サイトリンク